多様な教育|難易度の高い医学部に合格するなら医学部専門予備校に通うことが大事

難易度の高い医学部に合格するなら医学部専門予備校に通うことが大事

ノートと鉛筆

多様な教育

英語

特化した勉強も

近年の高校入試や大学入試において重視をされる傾向のある教科が英語です。英語ができるのかできないのかによって合否にも大きな影響を与える可能性があるため、しっかりとした学習をする必要があります。予備校においても英語教育に力を入れた学習カリキュラムを充実させているところが増えており、英語の中でも一部に特化した学習カリキュラムを取り入れている予備校もあります。ここで注意をしておきたいのが予備校選びです。入試において一般的な知識が必要になる場合には、一般的なコースで良いですが、英語論文を書かなければいけなかったり、英語によるプレゼンテーションがある場合には、こうしたことに対応をすることができる予備校に行く必要があります。

書くだけではない

これまで予備校において英語の勉強をする時には書くことや文章の読み取りが中心でした。しかし、近年の入試の特徴としてただ書くだけでなく、リスニングで聞き取って書くことや特定の話題について論文のような文章を書かなければいけない問題が出題をされます。そこで予備校としてもこうした問題に対応をすることができる教材や講師を用意するところが増えている特徴があります。一般のコースとは別になっていることが多いので別の費用がかかることが多いですが、入試で必要な力をつけることができます。ただし、全ての予備校において英語の専門コースが用意されているわけではありません。コースのあるところを見つけて、自分に合っているところを探す必要があります。