採用学校が増加|難易度の高い医学部に合格するなら医学部専門予備校に通うことが大事

難易度の高い医学部に合格するなら医学部専門予備校に通うことが大事

ノートと鉛筆

採用学校が増加

作文

新しい方式

近年、大学入試や会社への就職試験として多く実施されるようになってきているのが小論文です。これまでは学力をはかるためにテストのようなものを実施するところが多かったのですが、最近では総合力や文章力をはかるために小論文を実施する学校が増えてきています。このため、試験に合格するためには単なる知識だけでなく、その知識を表現する力や文章を書く能力など総合的な知識を問われるようになっています。小論文を採用する学校は増加傾向にあり、しっかりとした対策をする必要があります。文章の量も学校によって異なり、一般的には800字前後主流ですが時事的な問題が出たり、専門に関する内容が出たりと傾向がかなり違う特徴があります。

添削指導が人気

小論文を採用する学校が増加をする傾向を受けて、添削を請け負う学校も増えてきています。これまでは小論文は学校の教科の先生に依頼をしてチェックをしてもらうことが多くありました。しかし、最近では小論文を採用する学校が増加をしていることから学習塾や通信教育においても添削指導を請け負う会社が増加をしています。専門の人に添削を依頼することによってどのように文章を書いていけばよいのか、書き方のポイントなどを学ぶことができるようになっています。通信による添削は、通う必要もなく文章を直してもらうことができる手軽さから人気があります。英語など日本語以外の言語においても出題されることがあるので、これを専門にしている人もいます。