難易度の高い医学部に合格するなら医学部専門予備校に通うことが大事

女子学生

多様な教育

英語

英語は近年入試において重要視されることが多い教科であり、合格を勝ち取るためにはしっかりと勉強をする必要があります。予備校でもリスニングや英論文作成を専門にするような特別コースを設けるところも増えています。

View Detail

自分の目標にあった場所で

勉強

医学部を目指す人が通う予備校が都市部の周辺に増加傾向にあります。将来的に医師になりたいと決めている人は医学部の予備校の方がいいです。授業の質が高く、一緒に頑張れる仲間がいるというのはかなりの強みとなります。

View Detail

採用学校が増加

作文

小論文は近年、入試などにおいて出題が増加をしている問題です。単なる知識だけでなく総合力をはかることができるのでいろいろな問題が出されています。こうした出題の増加を受けて、小論文の添削を専門に行う業者も登場してきました。

View Detail

最難関を突破するには

男女

医学部はやはり最難関

実際に医師に聞いた話ですが、例えば、東京大学の理科系の学部は、理科1類、2類、3類とあります。日本では、何でも序列をつけるので、現在の医学部に相当する3類は、工学部の先端技術を学ぶには少し学力が足りない場合、「三番目の理系」に行った時代があったそうです。今では、「理3」は、自他ともに認める最難関になりました。他の大学においても医学部の受験は、最難関と言えるでしょう。いわゆる地方の国公立大学でも大学入試センター試験の合格ラインが9割近くというのが当たり前になってきました。これは、医学部の難関であることを明確に示しています。高校の3年間という限られた時間で、当然、個人の努力も必要ですが、有効な勉強方法が必要となってくるのは、間違いがありません。このような時に医学部専門予備校が力を発揮します。

有効な勉強方法への期待

医学部受験は、非常に難関である時代になりました。理由は、医療技術の進歩や少子高齢化のためにニーズが高まるとともに多様化しているからです。また、医学部を志願する生徒も増えてきたので、自ずと難度があがります。医学部専門予備校では、闇雲に勉強するのではなく、合格するのに必要な水準の勉強方法を教えてもらうことが期待できます。このようなレベルの授業を受けることは、余程の進学校でないと無理なので、医学部専門予備校で、自分の達成度を確認したり、同じ目標を持っている生徒と一緒に勉強できることは、モチベーションを高めることができることがとても有効です。また、医学部専門予備校では、正確なデータの蓄積も豊富であるので、受験対策の指導も十分してもらえます。